読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先手じゃさせない? 後手番専用戦法

将棋は通説的に、先手微有利ということは知っていたのですが、

 

hitode99.hatenablog.com

こんな記事を読みまして、

数字的には先手勝率52%程度というのには改めてビッックリ

 

中に、

「先に指す得」VS「後に指す得」

というフレーズがありましたが、

 

将棋には分かりやすく、

「後手にしかできない戦法」

というのがあります。

 

 

奇襲的なものもあげれば結構あるのですが、

今回はタイトル戦などでも使われる2つの戦法を紹介します。

 

 

 

 

ゴキゲン中飛車

f:id:zarigani45:20151109204427p:plain

 

ふざけた戦法名ですが、

一時期はプロでもアマでも大流行した戦法で、

 

今でも、まさに今日(H27.11.9)

タイトル戦(王将)の挑戦権をかけた対局で、

羽生四冠を相手に、久保九段がゴキゲン中飛車を採用しました。

 

その明快さから、今でもアマチュアでは非常に人気があり、

個人的にも初心者にもオススメできる戦法です。

 

基本図はこちら

f:id:zarigani45:20151109205703p:plain

初期配置から、

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △5四歩

▲2五歩 △5二飛

と進み、この状態へなります。

 

ここからわかりやすく、

f:id:zarigani45:20151109210157p:plain

こんな感じで攻めることもできます。

真ん中からの棒銀というわけですが、

飛車のラインが居玉にかかっているため、

非常に怖い攻めです。

 

中々こうはうまくいかず、攻めが止められることもありますが、

f:id:zarigani45:20151109210510p:plain

こんな風に振り飛車らしくさっと片美濃に組む事もできます。

 

軽快な攻めと、この柔軟性が非常に魅力のある戦法です。

 

 

で、なんでこの戦法が後手番専用なのかというと、

先手で同じようにしてみると分かります。

 

 

初期配置から▲7六歩△3四歩▲5四歩と

ぱっと見自然な駒組

f:id:zarigani45:20151109210753p:plain

ですがここで

△8八角成 ▲同飛車 △5七角

f:id:zarigani45:20151109211135p:plain

これで後手がどうやっても馬を作る事ができて、

これは後手優勢です。

 

仮に、後手が飛車先をついてとしたら

f:id:zarigani45:20151109211303p:plain

こんな風に受けることができます。

 

「相手が手を指す事によってできることが増える」

というのは、将棋の面白いところですよね。

 

 

(補足:一応先手でも初手▲5六歩とすることでゴキゲン中飛車をさせますが、

最初から「あっ、こいつ中飛車やるな」ってのが丸わかりなのが痛いところ。)

 

 

 

横歩

f:id:zarigani45:20151109211913p:plain

 

以前紹介した居飛車の記事でも出てきましたが、

zarigani45.hatenablog.com

 

横歩というのは後手から誘導する戦法です。

 

初手から

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩

▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金

▲2四歩 △同負  ▲同飛車 △8六歩

▲同歩  △同飛車 ▲3四歩

 

f:id:zarigani45:20151109212555p:plain

ばばっと進んでしまいましたが、

お互い角道を空けながら、飛車先をひたすらつきまくり、

後手が角道を空けた時の歩をとりこむ戦型です。

飛車が3筋の歩をとるから横歩取り

 

そういう意味では先手が横歩をとらないで、

後手の望む展開にならないことはそれはそれでありますが、

とりあえずそれは置いとくとして、

今回はここからの変化でも一番激しい戦法を紹介します。

 

ここから後手は、

△8八角成 ▲同銀  △2八歩 ▲同銀

と準備をして、

△4五角!

f:id:zarigani45:20151109213207p:plain

飛車取りなので先手は飛車を逃げますが、ここから、

▲3五飛 △6七角成 ▲同金 △8八飛成

と強襲します

f:id:zarigani45:20151109213418p:plain

後手はこの大きく駒損こそしてるものの、先手玉は、

見るからにすぐ詰んでしまいそうな形になってしまいました。

 

 

今ではハメ手とされていて、

先手が優勢となるとされているのですが、

△4五角から正確に受けきるには、死ぬほど多くの気をつけることがあり、

プロでは指されませんが、アマチュアではしばしば指されます。

ぼくも指します。

 

横歩は基本図から、すぐに△3三角とする戦法がいまではブームですが、

それも、これほどアグレッシブではありませんが、

後手が主導権を握っていく将棋となります。

 

 

 

後手のみ指せる戦法としては他にも、

f:id:zarigani45:20151103161316p:plain

一手損角角換わり

(書くと長い癖にインパクトが薄いから選外)

 

だったり、

プロでは使われない奇襲戦法として

f:id:zarigani45:20151109214303p:plain

パックマン戦法だったり

インパクトは異常だけど肝心の自分が詳しく無い)

 

だったりとあるので、

調べてみるのも面白いと思います。

 

 

それでは今回はそんなもんで。

 

 

 

ちなみに、後手番専用でも、

先手が端歩をついて相手がそれを無視すれば先手でも後手番専用がさせるよ!

先手ってずるいね!